情報処理IT系

即戦力として活躍する人材を育成
プロジェクトリーダーの素養も磨く

IT業界で即戦力として活躍するため、プログラミング、データベース、ネットワークというITの3大技術を基礎から習得するとともに、
実際のシステム開発を想定した演習を通じて応用力と実践力を高めていきます。
他者と協調して業務を遂行できるビジネス力も身につけ、プロジェクトリーダーとしての素養も磨きます。

Points

企業と連携したシステム
開発で即戦力を養う

実際に企業で導入されるシステムをベースにカリキュラムを構成しています。学生は企業で行われるシステム開発の工程を疑似体験することができ、プログラマーやエンジニアが担う個々の業務を習得し、自信をもって就職に臨めます。

IT業界必須の国家試験に
完全対応のカリキュラム

1年次の情報処理系のカリキュラムは、IT業界標準レベルとされる、重要な国家資格「基本情報技術者試験」(レベル2)に完全対応。OICは午前試験免除認定校なので、試験当日は午後の試験に集中できる有利さ。この環境を活かして合格をめざします。

キャリア教育で社会人
としての素養も高める

1年次から独自のキャリア教育を展開するとともに、企画から開発までを行う開発演習などを通じて、企画力やプレゼンテーション力、コミュニケーション力も養成。ビジネスマナーもしっかりと身につけ、幅広いキャリア力をもったエンジニアをめざします。

コース・専攻紹介

全学科(専攻・コース)が職業実践専門課程に認定

めざす資格

  • プロジェクトマネージャ試験
  • システムアーキテクト試験
  • データベーススペシャリスト試験
  • 情報処理安全確保支援士試験
  • ネットワークスペシャリスト試験
  • 応用情報技術者試験
  • 基本情報技術者試験
  • MCP(マイクロソフト認定技術者)
  • CCENT/CCNA(シスコ認定ネットワーク技術者)
  • オラクルマスター(オラクル認定データベース技術者)
  • マイクロソフトオフィススペシャリスト検定 など

めざす職業

  • システムエンジニア
  • ネットワークエンジニア
  • セキュリティエンジニア
  • データベースエンジニア
  • アプリケーションエンジニア
  • 組み込みエンジニア
  • プログラマー
  • ITアーキテクト
  • システムアナリスト
  • プロジェクトマネージャー
  • Webプログラマー
  • Webエンジニア
  • システム運用エンジニア
  • ネットワークプログラマー
  • ネットワーク管理者
  • オープンソース開発者
  • システムアドミニストレーター
  • カスタマーエンジニア など

Special Feature

ITエンジニアは“創る”ことでしか育たない。実践の積み重ねで本物のプロを育てる。

OICでは、即戦力のエンジニアをめざして、プログラミング、データベース、ネットワークというITの3大技術を基礎からマスター。さらにその技術を実践的な設計力へと高めていきます。プロの現場を再現した演習や日常的な業界との交流、授業にプラスアルファして学べるクラブ活動など、すべてがプロへとつながるOICならではの取り組みです。

タスク・ベースド・カリキュラム

企業が行うアプリケーションシステム開発の全工程を徹底解剖。
プロの業務レベルに到達することを目標にしたカリキュラム!

OICでは実際のビジネス現場で行うシステム開発に関するタスク(業務)を一つひとつ洗い出し、そのタスクをベースにカリキュラムを構成しています。例えば家電量販店の販売管理システム開発では一から仕様書を作成し、モジュールの論理設計、プログラミング、テストなど全工程を学びます。この過程でエンジニアに求められる「ソフトウェア要件定義」など実際のタスクの習得をめざします。

一般的なシステム開発のプロセスをカリキュラムに反映
要件定義→設計→開発→テスト→運用 要件定義→設計→開発→テスト→運用

システム開発演習 発表会

各グループでシステム開発の要件がまとまった段階で中間発表。設計などに不備がないかチェックを受けます。完成後には最終発表を行い、システムを稼働させながらプレゼンテーションをして、演習を締めくくります。

学外実践プログラム

学外で得た新たな知識や着想を学内の演習に取り入れていく。

OICの学びの特色は、外部(業界)とのかかわりが密接なこと。業界向けのイベントや学外コンテストへの参加、インターンシップ、業界人の来校などの機会を数多くすることで、知識や引き出しの幅を広げています。そこで得た知識や着想を、システム開発演習などに取り入れていくことで、さらにブラッシュアップできるという好循環が生まれています。

Kansai Open Forum (KOF)

関西最大級のIT業界イベントに
専門学校で初参加。

KOFは関西の同種イベントでは最大規模のオープンソース系イベント。OICでは専門学校としては初めて、ブース出展およびボランティアスタッフとして参加し、学生作品を多くの来場者に見ていただく貴重な体験をしています。

ICT企業見学会

一般には非公開の
世界的な企業の内部を見学。

「Cisco Networking Academy」開催校のみ参加可能な大手企業を訪問できる特別な企業見学会です。一般には公開しないサーバルームやオペレーションルーム見学のほか、役員の方にまでお会いして見聞を広めています。

ICT トラブルシューティングコンテスト

問題解決に挑戦。
スピードや正確性を競います。

全国の専門学校生・大学生を対象としたネットワーク構築やサーバ構築に関する問題に挑戦するコンテストで、正確性やスピードなどを競い合います。同世代の学生たちと切磋琢磨すると同時に、交流を深める機会でもあります。

KEISインターンシップ

企業が提供するプログラミングや
開発の体験コースに参加。

KEIS(関西電子情報産業協同組合)を通じて、その加盟企業のインターンシップに参加できるプログラム。実施後のフォローアップ交流会では、学生と企業の担当者が集合して発表会とグループディスカッションを行います。

学生作品

内定者の声

卒業生の声