CG・映像・
アニメーション系

たしかな発想力に裏付けられた
高度な映像制作技術を身につける

高度な映像表現技術をもつクリエイターを育成するOIC。
その特長は、映像表現の背景となる発想力・企画力を身につける教育プログラムです。
実習施設は高度化するCG映像業界に対応したハイスペックな環境。クロマキースタジオでの撮影、コンポジット(合成)など
プロユースの施設を活用してリアルなムービーや3Dアニメーションを作成します。

Points

初心者でも無理なくステップ
アップできる学びを用意

CGや映像を初めて学ぶ人のために、初心者でも無理なく専門的な技術を習得できるカリキュラムを構築。デッサン、ソフトの操作法といった基礎をしっかりマスターしたうえで、さまざまな映像制作技術に展開していけるステップアップ式の学びを用意しています。

実践を通して
多様な能力を磨いていく

CGによる静止画からショートムービー、実写とCGの合成、長編ムービーまで、徐々に高度な作品に挑み、実践を通して多くのスキルを身につけていきます。グループワークも重視し、仲間と映像作品をつくることで、スケジュール管理やコミュニケーション能力なども磨きます。

プロ仕様の環境で
本格的な作品制作に挑める

本格的な作品制作のため、現場を再現した施設を用意。業界標準3Dソフト、Maya®、3dsMax®、スカルプトモデリングソフトZbrush®、Adobe社のAfterEffects®、Premiere®などの映像制作ソフトを導入。3DCG、アニメ、映像制作に最適なプロ仕様の環境を整えています。

めざす資格

  • CGクリエイター検定
  • 色彩検定
  • Webクリエイター検定 など

めざす職業

  • CG映像クリエイター
  • CGアニメーター
  • CGデザイナー
  • VFXアーティスト
  • 3DCGモデラー
  • マットペインター
  • コンポジター
  • リギングアーティスト
  • ライティングアーティスト
  • コンセプトアーティスト
  • エフェクター
  • アシスタントディレクター
  • 映像エディター
  • カメラマン
  • アニメ撮影 など

Special Feature

CG・映像・アニメの幅広い仕事に結びつくカリキュラム

OICのカリキュラムは、実写とCG両方の技術が身につくよう編成されています。たとえCGクリエイターになっても実写で培われるカメラワークなどの素養は必要であり、実写を扱う場合でもCGが不必要なケースはまずありません。両方の素養を備えた人材を育てるOICなら、進路の幅も大きく広がりますので、学びながら将来の道をじっくり考えることができます。

構成:映像表現、企画/デザイン:デザイン基礎、2DCG/3DCG:モデリング、アニメーション/編集:エフェクト、コンポジット/撮影カメラワーク、ライティング

映像制作の仕事は分業の世界です。一つの業界をみても多種多様な職種があり、自分を活かせる仕事がどこかにある。OICの幅広い学びは、学生のあらゆる可能性を担保するものです。

塩濱将悟先生 CG・映像・アニメーション系
担当教員

Movie & Picture

映画・映像業界

  • 撮影
  • 編集

実写の撮影・編集などとともに、いまや映画製作に欠かせないVFX(特殊効果)などのCG映像編集技術もOICなら広く学ぶことができます。卒業後は、映画製作会社、独立プロ、映像制作会社などの進路をめざします。

Television

テレビ業界

  • 構成
  • 撮影

CGだけではなく、実写の映像制作スキルが身につけられることはOICの大きな特長。カメラワークから編集まで、幅広い技術がマスターできます。卒業後は、放送局の業務を請け負う映像制作会社や広告代理店などをめざします。

3D Computer Graphic

3DCG業界

  • 3DCG
  • 編集

3DCGに関する進路に強いこともOICの特色。一つの3DCG作品が完成するまでにはモデリング、アニメーション、エフェクト、コンポジットなど多様なクリエイターがかかわっており、OICならそれらすべてをめざせます。

Animation

アニメ業界

  • デザイン
  • 3DCG

近年のアニメ制作はCGの工程がより大きく占めているため、2D/3DCG技術を身につけ、動画、彩色、背景、撮影、編集といった一連のアニメーション制作の技術を学びます。卒業後は、アニメ制作会社、アニメスタジオをめざします。

学生作品

内定者の声

卒業生の声