グローバルナビゲーション



学校紹介

ローカルナビゲーション


ここから本文です

業界ニーズフィードバックシステム

POWER CAREER ここから、未来が起動する。

企業のニーズに即応してカリキュラム改革を実施。

OICでは常に業界の動向をリサーチし、即戦力の技術水準に応える授業を実施しています。その一環としてIT企業へのアンケート調査を毎年実施。企業が求める資格・コンピュータ言語を調査し、それをすぐに授業へ反映する体制をとっています。また、在学中に実際の仕事の現場を体験できるインターンシップによって、プロのノウハウを短期間で身につけることもできます。このように業界標準の技術力を反映した即戦力教育だから、就職にも断然有利になります。

業界の動きが実際の授業に反映される!ニーズとノウハウを身につけよう!

人事担当が評価・重視する資格とは

企業サイドは、国家資格である基本情報技術者・ソフトウェア開発技術者および企業認定のオラクルマスターを主に重視していることがわかります。これら企業が求める資格を取得することで就職が有利になるばかりではなく、採用後の配属や仕事内容にもよい影響を与えます。とくに企業認定資格は、その技術を直接活かせる部署へ配属されることが多く、それだけ即戦力として高く期待されることになります。

重視される資格(複数回答可)
No. 資格名 企業数 割合
1 基本情報技術者 181 81.5%
2 応用情報技術者 155 69.8%
3 オラクルマスター 111 50.0%
4 データベーススペシャリスト 86 37.8%
5 ネットワークスペシャリスト 84 36.7%

 

企業ニーズに応えるプログラム教育

この表はIT企業がもっとも必要としているプログラム言語一覧です。プログラム開発にはプログラム言語を使いますが、現在多種にわたっています。本校ではJAVAやC言語、SQLなど、企業ニーズにマッチした教育内容を提供しています。

必要とされる言語(複数回答可)
No. 資格名 企業数 割合
1 JAVA 182 82.0%
2 C 161 72.5%
3 VB 131 59.0%
4 C++ 126 56.8%
5 VC++ 98 44.1%

 

パソコンやお電話で今すぐ資料請求


バナーエリア

  • オープンキャンパス
  • 資料請求
  • 特待生制度
  • 留学生の方へ
  • 再進学を考えている方へ