グローバルナビゲーション



ここから本文です

アルバイト紹介詳細

OIC POWER LIFE! キャンパスライフ

新聞奨学生をやってて良かった!

  • 松岡 宏さん
  • 兵庫県立尼崎西高等学校
  • 情報システム開発学科 システムエンジニア専攻 3年

 僕は新聞奨学生としてOICに入学しました。新聞奨学生の仕事は当初思っていたよりはとてもしんどかったです。ある程度、慣れてくればついていけますが、朝3時前には起きて仕事をしなければいけないので、慣れるまで本当に大変でした。

 つらかったことは、学校のイベントや行事に参加できなかったり、あまり遊びに行けないことですが、やってて良かったと思うことも多いです。他の大学や専門学校に通う奨学生仲間と仲良くなったことや新聞を配達する地域の方と仲良くなったことは僕の財産です。配達途中でたまにお小遣いや食事をご馳走になることもあり、地域の方の温かさが身に染みます。また、どんなしんどいことでもできるという自信もつきました。配達だけでなく、集金も行いますので、接客も上手になりました。

 新聞奨学生で学んだことは就職活動でも存分に活かすことができました。MDB株式会社というところにシステムエンジニアとして内定しましたが、面接ではそのことをアピールすることができました。就職してからも、根性には自信がありますので、つらいことがあってもやっていけると思います。

 これから、新聞奨学生を希望する人へのアドバイスはまず忍耐力です。新聞配達は毎日のことなので、これが必要になります。それと学校に行くことを習慣付けることです。学校に進学するために新聞奨学生になったのに、学校に行かなくなって学校を辞める人がいますが、本末転倒です。

 親に頼らず自力で進学するのは大変なことですが、その分得ることも多いので、新聞奨学生を希望される方はぜひがんばってください。 

パソコンやお電話で今すぐ資料請求


バナーエリア

  • オープンキャンパス
  • 資料請求
  • 進学相談会
  • 特待生制度
  • 留学生の方へ
  • 再進学を考えている方へ
  • あなたにぴったりの学科を診断! 「未来発見NAVI」
  • 絵で見る 「なりたい自分の職業探し」