グローバルナビゲーション



ここから本文です

情報処理IT系|職種紹介

社会をとりまくIT環境は、想像以上のスピードで進化しています。

社会をとりまくIT環境は、想像以上のスピードで進化しています。
この分野の仕事は、コンピュータシステムをつくるために必要なプログラム言語を学び、効率的なコンピュータシステムの設計・開発・運用や、ネットワークづくりを行うこと。
システムエンジニア、プログラマーなどが、今後も活躍の中心です。

お仕事ガイド

プログラマー

コンピュータを動かすプログラムをつくる担当者です。コンピュータ言語を使って、コンピュータに行わせたい「仕事」をプログラムの中に組み込んでいきます。コンピュータの能力を最大限に発揮し、いかに利用者が使いやすくなるかを工夫し、将来の機能アップにも備えます。

システムエンジニア

コンピュータシステムの提案や計画から、開発、テスト、運用管理までを幅広く担当します。プログラム設計の後は、プログラマーに具体的な指示を出しながら、作業の工程管理を行います。経験を積めば、企業の抱える問題を分析し、解決するコンサルタント的な役割も果たせるようになります。

他にもお仕事いろいろ

システムアナリスト

システムエンジニアの立場から一歩抜け出て、個々の企業の情報戦略を考え、具体的な情報システムを立案・計画します。

システムアドミニストレータ

企業の現状を調査して、効率的なネットワーク(インターネット、イントラネット)づくりを担当。情報通信技術の最先端を行くスペシャリストです。

ネットワークエンジニア

情報の処理を行うシステムを管理します。利用者の立場からシステムエンジニアなどと一緒に改善案を考え、最適の情報環境づくりを行うリーダーです。

カスタマエンジニア

情報システムを常に良好な状態に保つため、コンピュータをメンテナンスする担当者。ユーザーからの問い合わせや、緊急修理に対応します。

主な仕事場

ソフトウェア開発業、コンピュータメーカー、流通・サービス企業、金融業、各種企業の情報処理・技術部門など

OICの主な就職先

NTTデータ関西、三菱電機インフォメーションテクノロジー、NEC ソフト、NTT データカスタマサービス、ソフトバンクBB、富士ゼロックスなど

パソコンやお電話で今すぐ資料請求


バナーエリア

  • オープンキャンパス
  • 資料請求
  • 進学相談会
  • 特待生制度
  • 留学生の方へ
  • 再進学を考えている方へ
  • あなたにぴったりの学科を診断! 「未来発見NAVI」
  • 絵で見る 「なりたい自分の職業探し」