グローバルナビゲーション



ここから本文です

デザイン・Web系|求められる人物像

Web業界をめざすなら、コミュニケーション能力を磨くこと。

いま、Web界ではどんな人材が求められているのか。そのヒントをいただこうと、株式会社ワオ・コーポレーション(大阪市)のディレクター・プランナーとしてWeb業界の第一線で活動を続ける谷本憲史氏に話を聞きました。同社は全国の教育機関を中心に、Webを主体としたプロモーション活動を支援し、さまざまなソリューションを成功させた実績があります。業界人の立場から、Web業界の現在と今後についての展望を聞かせていただきました。

業界をめざす人へ

株式会社ワオ・コーポレーション
プランナー
谷本憲史氏

株式会社ワオ・コーポレーションでは、クライアントの魅力を最大限に引き出すプロモーション活動のお手伝いをしています。昨今、 Webを中核に据えたプロモーション活動がいっそう盛んになっています。当社はその流れを牽引するカンパニーとして、Web構築の上流行程から制作、運用 までの一貫した業務をサポートするとともに、印刷物の企画・制作なども含めた総合的なプロモーション活動の支援を行っています。 Web業界はここ数年で急速に高度化・複雑化してきました。かつてWebの専門職と言えば、Webデザイナーくらいでしたが、いまではディレクター、プラ ンナー、デザイナー、フラッシャー、プログラマーなど、さまざまな職種が確立しています。だからチーム力がひとつの鍵を握ります。当社にもWebの専門知 識をもつ営業担当や各種のクリエイターがおり、外部のパートナーも含めたチームでプロジェクトに臨みます。個々の知識・技術を充実させるのに加え、チーム の中で力を発揮できる能力がなければ、現在のWeb業界で仕事はできません。

学生のうちに身につけたい力とは

Webに関する職種が多様化・細分化していますが、すぐに分野を決めてしまうよりも、ある程度幅広く学びながら、自分の専門を見極めたほうがよいと思います。さまざまな体験をすることで、自分を俯瞰(ふかん)的に眺め、チームの中での自分の位置づけを考える。そういう広い視野を築いてほしいと思います。
Web業界では、現在でも次々と新しい技術が開発・導入されています。学生時代に、その時代の最先端と言われる技術にも触れておくべきだと思います。最先端を追いかける経験は、卒業後プロとなってから新技術に対応していく素地になります。いかに新技術が出ても、その本質さえ理解していればキャッチアップは容易です。また、できるだけ多くの作品をつくってください。つくることでしか覚えられないことが多々ありますので。

業界で活躍するために必要な力は

さきほどチーム力の大切さを強調しました。とくに大きなプロジェクトになると、一人の力ではどうしようもない。だからまず重要なのがコミュニケーション能力です。それとプレゼンテーション能力も大切です。Webがプロモーションの中核になってきたいま、プロジェクトの規模も拡大し、クライアントの期待も高まっていますから、それに応えるプレゼンテーションも求められます。
それと何より好きでないといけない。私が採用側なら、資格を取ったことよりも、Webが好きでたくさん作品をつくってきた、とくにグループワークなどチームで制作に取り組んできた、という体験をアピールしてくれる学生さんに興味を示しますね。

パソコンやお電話で今すぐ資料請求


バナーエリア

  • オープンキャンパス
  • 資料請求
  • 進学相談会
  • 特待生制度
  • 留学生の方へ
  • 再進学を考えている方へ
  • あなたにぴったりの学科を診断! 「未来発見NAVI」
  • 絵で見る 「なりたい自分の職業探し」