グローバルナビゲーション



ここから本文です

デザイン・Web系|職種紹介

社会と人、人と人をつなぐメッセージを創造する。

美しいCG(コンピュータグラフィックス)は、私たちが日ごろ目にする機会の多いポスター、雑誌広告、パッケージや、インターネットのWebサイト(ホームページ)にあふれています。
広告にCGを使えば、企業やメーカーが売りたい商品やサービスをより魅力的にPRできるため、この分野の仕事はセンスが大切になります。目的に応じた内容を、指定されたメディアの中でいかにデザインできるかが仕事の醍醐味です。

お仕事ガイド

グラフィックデザイナー

グラフィックソフトを使いこなし、写真や文字、イラスト、CGなどをセンスよく配置して広告目的に応じたビジュアルを創造。豊かな感性を、企業や商品のロゴマーク、ポスター、雑誌広告、パッケージなどの広告デザインに生かして、商品やサービスの魅力を高めます。経験を積めば、アートディレクターとしてデザイン制作の責任者に。

Webデザイナー

不特定多数の人が見るWebサイトの制作では、Webデザイナーは「いかに利用してもらうか」を考え、ユニークな仕掛けや「もっと見たい」と思わせるデザインを行う必要があります。斬新な画面はもちろん、リンク機能の充実など、機能性が制作のポイントとなります。

他にもお仕事いろいろ

アートディレクター

グラフィックデザイン全般の仕上がりをチェックする責任者。制作意図に基づき、CGも含めトータルなデザインの品質向上のための制作指揮をとる。デザインの良し悪しだけでなく、広告効果の総合的な判断を下すため、経験に裏打ちされた技量が必要。

Webディレクター

Webプロデューサーのもと、Web制作全般を進行させる責任者。発注を受けた企業の要望を実現させるため、スケジュール管理をはじめ、制作スタッフに対して修正指示などを行う。

Webプログラマー

少しでも利用者が使いやすいプログラムを作成する人。買い物ができるWebサイトなら、入りやすく、おすすめ上手な実際の店のような仕組みづくりを行う。

DTPデザイナー

グラフィックデザインの決定後、ポスター、カタログ、パッケージなどの印刷・製版データを制作する。最終的に、制作物がいかに魅力的に仕上がるかの重要な役割を担う。

主な仕事場

企業の広報宣伝部、広告代理店、広告制作プロダクション、Web制作会社など

OICの主な就職先

ミクシィ、大日本印刷、DNPデータテクノ関西、デジタルデザイン、アートエキスプレス、ケイズファクトリーなど

パソコンやお電話で今すぐ資料請求


バナーエリア

  • オープンキャンパス
  • 資料請求
  • 進学相談会
  • 特待生制度
  • 留学生の方へ
  • 再進学を考えている方へ
  • あなたにぴったりの学科を診断! 「未来発見NAVI」
  • 絵で見る 「なりたい自分の職業探し」