グローバルナビゲーション



ここから本文です

ビジネス系|求められる人物像

「熱い・強い・気持ちいい」の3つがそろった人材。

いま、ビジネス界ではどんな人材が求められているのか。そのヒントをいただこうと、コクヨグループ最大の流通企業であるコクヨマーケティング株式会社(大阪市)の取締役・影井昭彦氏に話を聞きました。同社は、「オフィスにおける知的活動の質を高めるための環境およびツールの提供」をテーマに、さまざまな事業を推進。その事業特性から、現在のビジネス界で求められる人材についても、独自の知見をもった会社です。

※肩書きはインタビュー当時のものです。

業界をめざす人へ

コクヨマーケティング株式会社
取締役 常務執行役員
近畿営業本部 本部長
影井昭彦氏

コクヨマーケティング株式会社は、コクヨグループ最大の顧客数をもつ事業体です。「ひらめき・はかどり・ここちよさ」をスローガンに、よく知られるオフィス用品の販売だけではなく、オフィスの構築や移転のサポートなど、さまざまなビジネスを展開しています。たとえば、事業の一つである「ワークプレイス提案」では、オフィスのリニューアルを通じて、業務効率の向上、社員の離職防止、会社のビジョンを内外に訴求するブランディングの一環としてのオフィス構築など、お客さまそれぞれが抱える経営上の課題を解決に導くという、コンサルティングの要素を含む事業に取り組んでいます。たんにコクヨの文具を売るという仕事では、もはやありません。重要なのは、お客さまに対してどのような価値を提供できるか。それだけに、社員に求められる能力も業務知識や技術にとどまらない多様なものになっています。

学生のうちに身につけたい力とは

ITの基礎をある一定レベルまで身につけることは、業種に関係なく必須だと思います。さらに経営学や会計の基礎を知っておくのも強みになります。もっとも、あまり頭でっかちになって、現実のビジネス以上に理論を信用し過ぎるのは困りますが。あとは、それぞれめざす職業に応じた専門知識をできる限り学んでおくことです。当社では、オフィス用品の効率的な購買を支援する「購買システム提案事業」も行っていますが、これなどはITの専門知識が必須になります。また、勉強以外にも何かに打ち込む体験をしていただきたいですね。世代を超えた人間関係の中に身を置く経験をすれば、視野が広がってよいと思います。

業界で活躍するために必要な力は

採用の面接を数多く行ってきた実感で言いますと、「熱い・強い・気持ちいい」の3つがそろった人材です。いまは社内・社外において、いかに人間関係を築いていくかが大切な時代です。この3つがそろわないと、信頼関係にまで発展していきません。そして何よりコミュニケーション能力です。先に述べたように、当社ではコンサルティングも行いますから、お客さまの声を受信し、次はそれをより価値あるかたちで発信・再発信していかなければなりません。コミュニケーションはその不可欠なベースです。OICは専門学校ではめずらしく、コミュニケーション教育に力を入れておられると聞きます。一般的な専門学校のイメージと言えば資格に特化した教育でしょうが、その中でコミュニケーション教育を重視されていることは、現代のビジネス特性をよく知っておられるものと感じます。

パソコンやお電話で今すぐ資料請求


バナーエリア

  • オープンキャンパス
  • 資料請求
  • 進学相談会
  • 特待生制度
  • 留学生の方へ
  • 再進学を考えている方へ
  • あなたにぴったりの学科を診断! 「未来発見NAVI」
  • 絵で見る 「なりたい自分の職業探し」