グローバルナビゲーション



ここから本文です

CG・映像・アニメーション系|教員紹介

「プロ就職」へまっすぐ。

何もないところから商品化され店頭で形となる喜びがある

高本 陽花先生
京都造形芸術大学大学院 修士(芸術)。3DCG担当。

ビジュアル表現では今やCGは必須となっています。CGは冷たいイメージがありますが、自分の想像の世界を現実の形として表現することができる、温かくて面白い分野です。アニメや映像、ゲームなどさらなる展開の可能性も秘めています。CGに限らずクリエイター全般に言えることですが、"無から有"を生み出すことはすばらしいことだと思います。発想は無限大です。OICで学ぶことで、みなさんの想像力と表現力がすばらしい"形"となって現れると思います。想像力を膨らませ、個性豊かな表現者となって欲しいですね。

パソコンやお電話で今すぐ資料請求


バナーエリア

  • オープンキャンパス
  • 資料請求
  • 進学相談会
  • 特待生制度
  • 留学生の方へ
  • 再進学を考えている方へ
  • あなたにぴったりの学科を診断! 「未来発見NAVI」
  • 絵で見る 「なりたい自分の職業探し」